しょうじをやぶる
by k3rprf1xaa
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ディオバンが高齢者で降圧目標..
at 2010-06-15 10:11
野良猫餌付け 癒やしか迷惑か..
at 2010-06-02 08:02
47歳男と娘に逮捕状 千葉・..
at 2010-05-27 12:43
安易な「選択と集中」はやめよ..
at 2010-05-18 15:56
平城宮跡 1300人の天平行..
at 2010-05-10 23:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ディオバンが高齢者で降圧目標を安全に達成―ノバルティス(医療介護CBニュース)

 ノバルティスファーマは6月8日、日本人高齢者を対象とした同社の高血圧症治療薬ディオバンを使った大規模臨床試験VALISH Studyの結果が同日、米国心臓病協会のHypertension誌のオンライン版に掲載されたと発表した。同社は、「ディオバンを基本薬とした治療で収縮期血圧140mmHg未満を安全に達成し、高齢者に対しても降圧効果と高い忍容性が証明された」としている。

 全国の461施設が参加した同試験は、収縮期高血圧症の高齢者(70-84歳、平均76.1歳)3260人を対象に実施。「厳格降圧群」と「緩徐降圧群」に無作為に割り付け、それぞれ「140mmHg未満」と「140mmHg 以上150mmHg 未満」を降圧目標値として、ディオバンで治療した場合の心血管イベントの発症率を比較した。

 それによると、両群共に血圧が良好にコントロールされ、厳格降圧群の収縮期血圧は平均で33mmHg低下した。心血管イベントの発症率は、両群共に約3%と低く、副作用で投与中止になった患者についても、厳格降圧群で1.9%、緩徐降圧群で1.2%と有意差はなかったという。

 70歳以上の高齢者の降圧目標値をめぐっては、日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインが、150mmHgを中間目標値とした上で最終目標値を140mmHg未満と提唱しているが、これまでそれを裏付けるエビデンスが十分でなかったという。  

 ディオバンは、血圧の上昇に関与するアンジオテンシン2のタイプ1受容体(AT1)を選択的にブロックする薬剤(ARB)で、高血圧症の第1選択薬として世界約100か国で承認されている。日本では2000年に販売を開始し、昨年の売上高は1400億円(薬価ベース)だった。


【関連記事】
ARBとCa拮抗薬の配合剤選びは「薬価の差がファクター」
高血圧症治療薬市場、18年に1兆円超え
自社品配合の高血圧症治療薬レザルタスを新発売―第一三共
昨年度の医療用薬市場は6.3%増の8兆8968億円
先端巨大症患者の7割超「病気を知らなかった」

家族旅行回数、仏韓の約半分=観光白書(時事通信)
「煙たいが力ある」=仙谷官房長官起用で首相(時事通信)
臨時国会で「成立確信」=郵政法案めぐり自見担当相(時事通信)
首相動静(6月12日)(時事通信)
男性が刺され重傷 スーパーで買い物中トラブル? 大阪・西成(産経新聞)
[PR]
by k3rprf1xaa | 2010-06-15 10:11

野良猫餌付け 癒やしか迷惑か…地域の共生でトラブル回避(毎日新聞)

 野良猫への餌付けは禁止、ふん尿で迷惑をかけた近所の人には慰謝料約200万円−−。近くの猫に餌をやっていた将棋の元名人・加藤一二三さんが5月、東京地裁立川支部でそんな判決を受けた。餌付けが愛猫家のエゴと言われないために、どうすればいいのか。【山本紀子、池田知広】

【関連記事】野良猫餌付け:将棋の加藤九段に中止などを命じる判決

 加藤さんは控訴を断念し敗訴したが、判決については「外で暮らす猫の問題は、皆で支え合っていくというすう勢にあることを認めている」などと評価。「(集合住宅の)敷地外で餌やりを続ける」としている。

 近くの80代女性は「判決後は近所での餌付けは、ぱったりやんだ」と話すが、自宅には見知らぬ人から「猫をいじめないで」と電話がかかってきたという。「私たちはふん尿のにおいに悩まされていただけだったんです」。猫に悩む人たちと愛猫家との溝は深い。

 猫の餌付けトラブルは各地で深刻化している。08年には川崎市と東京都足立区で、09年には千葉県船橋市で殺人事件まで起きた。日本動物愛護協会事務局長の吉野功さんは「猫問題は人口の密集した都市部で顕在化しやすい。餌やりは自由だが、敷地管理者の了解を得たり、生まれる子猫をどうするかなどの対応が必要」と指摘する。

 横浜市磯子区の安達節子さん(55)は、餌やりを始めて10年。毎晩外に出るとなじみの猫数匹が寄ってくる。「いやなことがあっても忘れてしまう」という癒やしのひと時だ。

 食べ残しの餌やふんは始末し、猫には必ず不妊・去勢手術を施す。近所に20匹いた猫は、自然に7匹に減った。一緒に餌をやる森谷美恵子さん(54)は「地域の人とコミュニケーションをとるのが最も大切。町会には猫ボランティアの活動を説明し、防災訓練や公園清掃には参加する」。

 磯子区は99年、全国に先駆け、人と猫とが共生するための「猫の飼育ガイドライン」をまとめた。安達さんらも含め27のボランティアグループが餌付けしている。ガイドライン推進協議会事務局長の獣医、坂田充古(みつこ)さんは「グループが活動する場所で猫は増えていない」と話す。

 カギは不妊・去勢手術。猫は年30匹以上を産むとされ、手術には協議会から助成金が出る。原資は賛同者が払う年会費1000円で、猫に困る人たちも入会して負担している。

 環境省によると、さいたま市や相模原市など約150の自治体に同様の助成制度がある。全国の猫の殺処分数も、約30万匹(96年度)から約19万匹(08年度)に減っている。

 野犬に関しては、狂犬病予防法などに基づき保健所や動物愛護センターが捕獲・処分する場合があるが、野良猫は、明らかに遺棄されたものや飼い主が引き取りを求めたものなど以外は処分の対象になっておらず、放し飼いされた飼い猫との区別も難しい。

 上野動物園元園長の中川志郎さんは「餌を与えるなら繁殖のコントロールは必須で、餌付けする人は、猫嫌いの人と折り合う努力が求められる」と話した。共生は、まずは人間から、のようだ。

【関連ニュース】
<関連記事>加藤一二三氏:控訴断念 猫の餌付け中止など受け入れ
<関連記事>世界の雑記帳:ブラジル南部に捨て犬や捨て猫の「スラム街」
<かわいい猫や犬の写真がいっぱい>毎日わんにゃんパーク
<関連記事>どうぶつナビ:ハトにエサをやってはだめなの?
<関連記事>犬が教えてくれたこと:ペットブームの残酷

ワゴン車窃盗で関学生逮捕「免許取りたて、車に乗りたかった」(産経新聞)
普天間共同声明 辺野古移設を明記 日米首脳が確認 訓練の国外移転検討(産経新聞)
首相「防疫体制などに全力」 農家の視察見送る(産経新聞)
<児童ポルノ>発見直後に遮断 政府WG「現行法で可能」(毎日新聞)
名鉄 特急電車の裏側に子どもも興味津々 でんしゃまつり(毎日新聞)
[PR]
by k3rprf1xaa | 2010-06-02 08:02