しょうじをやぶる
by k3rprf1xaa
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ディオバンが高齢者で降圧目標..
at 2010-06-15 10:11
野良猫餌付け 癒やしか迷惑か..
at 2010-06-02 08:02
47歳男と娘に逮捕状 千葉・..
at 2010-05-27 12:43
安易な「選択と集中」はやめよ..
at 2010-05-18 15:56
平城宮跡 1300人の天平行..
at 2010-05-10 23:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

47歳男と娘に逮捕状 千葉・男性刺殺 強盗殺人、放火の疑い(産経新聞)

 千葉県八街市の農業、中村行夫さん(76)が刺殺され自宅が放火された事件で、佐倉署捜査本部が強盗殺人と現住建造物等放火の疑いで、市内に住む男(47)=別の器物損壊容疑で逮捕=と10代の娘の逮捕状を取ったことが22日、捜査関係者への取材で分かった。同日午後にも逮捕する。

 捜査関係者によると、男からストーカー被害を受けていると佐倉署に相談した中村さんの孫娘(16)と、男の娘は中学時代の同級生。捜査本部は、男と娘が11日に中村さん宅を訪れ、中村さんの背中を刃物で刺して現金を奪ったほか、油をまいて住宅に放火した疑いがあるとしている。

 捜査本部はこれまでに、男の娘の供述から、出火後所在が分からなくなり逃亡に使われたとみられる中村さんの軽乗用車や、凶器とみられる包丁を発見した。

 男は昨年6月に八街市内で中学校などの窓ガラスを壊した疑いで、中村さん宅の出火翌日の12日に逮捕された。

【関連記事】
千葉の放火殺人 ストーカー男の娘も関与
被害者の乗用車、廃屋で発見 千葉放火殺人
被害男性の孫娘、ストーカー被害 千葉放火殺人
元同級生、2審も懲役15年 ストーカー殺人で札幌高裁
63歳女ストーカー、元カレの職場に居座る 警告も効果なし
中国が優等生路線に?

自民が官房長官に対北朝鮮対応で申し入れ (産経新聞)
連立離脱か残留か、悩む社民…普天間問題(読売新聞)
急速な円高けん制=「市場の動き注視」―菅財務相(時事通信)
<メダカ>卵巣に生殖幹細胞 基礎生物研が発見(毎日新聞)
<橋下知事>大阪府庁舎の禁煙エリア拡大へ(毎日新聞)
[PR]
by k3rprf1xaa | 2010-05-27 12:43

安易な「選択と集中」はやめよ―村上正泰氏が講演(医療介護CBニュース)

 医療政策の在り方を考え理解を深めようと、神奈川県保険医協会は5月12日、かつて厚生労働省で医療制度改革に携わり、「医療崩壊の真犯人」などの著書がある村上正泰氏(山形大大学院医学系研究科教授)をゲストに招いて講演会を開いた。村上氏は、医療現場が抱える問題点を制度や財政など多角的な側面から指摘。中でも、政府が進める療養病床の再編計画については、病院機能の評価が不十分なまま、どこかを切り捨てることで医療費を抑制する安易な「選択と集中」はやめるべきと述べた。

 「『医療崩壊』の原因と今後の医療再生に向けた課題」をテーマに行われた講演で村上氏は、日本の医療提供体制の現状を諸外国との比較データなどを用いて説明。それによると、患者の平均在院日数や人口1000人当たりの病床数は、日本が他の主立ったOECD(経済協力開発機構)加盟国(独仏英米)と比べても飛び抜けて多いが、この背景には日本の福祉政策が諸外国に比べて遅れており、病院が介護施設の機能を担ってきたことがあるという。
 しかし近年の医療費抑制政策では、「選択と集中」の名の下、急性期と在宅に偏った療養病床の再編計画が進められていると指摘。さらに、こうした偏りが進むことで、「長期療養の受け皿がないため急性期に患者が逆流したり、行き場を失って医療・介護難民が発生したりすることにもなる」との懸念を示し、「単純に急性期や在宅を重視するというのではなくて、全体的な病院機能の評価を行うことが重要。その上で、どの段階も切れ目無く必要な医療を提供できるような地域完結型医療を目指すべき」と述べた。
 また、民主党が昨年の衆院選前に出した病床再編計画では、38万床の病床数は維持しながらも、急性期病床から亜急性期病床へ、亜急性期病床から療養病床へ、さらに療養病床は居住施設へと転換を図ることが盛り込まれている。これについても村上氏は、「病床の専門性や機能を無視して、図式的にスライドさせることが現実的なのか疑問。単なる数字合わせでは」と指摘し、「数字ありきで頭ごなしの病床再編は混乱を生むだけ」と厳しく断じた。

■次回の診療報酬改定、「技術とモノの評価分離が不可欠」
 
 村上氏は今年度の診療報酬改定について、「10年ぶりのプラス改定となったが、まだ不十分」と述べた。その上で、次回の改定に向けた課題として、「技術とモノの評価を分けるべき」と指摘。今回の改定で大幅に引き上げられた手術料についても、「医師の技術料と材料費、その他の経費が未分化で評価されている。点数の算定根拠を明確にした上で、ドクターフィーの導入の是非などを議論すべき」とした。また、入院基本料についても、「原価計算の根拠がないので、正確なコストに基づいた評価が必要」との認識を示した。


【関連記事】
医師不足や保険制度めぐり3議員が意見―医療政策シンポ
2010年度診療報酬改定で中小病院は?
診療所の病床、1年間で6000床減−1月末概数
療養病床の平均在院日数、前年同月比6.5日増―病院報告
診療報酬改定受け「地域・院内での連携を」

<石清水八幡宮>篝火御影を公開 元襲来で祈願? 京都(毎日新聞)
普天間問題 首相責任論に予防線 参院選ダメージ回避へ…民主結束フォロー(産経新聞)
<訃報>芳賀詔八郎さん65歳=カンバセーション代表取締役(毎日新聞)
堀内氏が“選挙始球式”王さんから「目指せ!総理大臣」(スポーツ報知)
子ども手当申請書に本来不要な年金番号記入欄(読売新聞)
[PR]
by k3rprf1xaa | 2010-05-18 15:56

平城宮跡 1300人の天平行列 色鮮やかな衣装まとい(毎日新聞)

 平城遷都1300年祭が開かれている奈良市の平城宮跡で3日、「1300人の天平行列」が行われ、5月の新緑に映える色鮮やかな再現衣装をまとった一行が、並木道などをゆっくり練り歩いた。

【写真特集と動画】「せんとくん」のいろんな表情 着ぐるみせんとくんには兄と祖父もいた

 行列は元明天皇一行が、藤原京(奈良県橿原市)から平城京に遷都した様子を再現した。貴族役の女性は桃色やだいだい色の絹の衣装をまとい、顔を隠すうちわ形の「さしば」を手に、復元された大極殿に向かって会場内を歩いた。

 見学した奈良市の会社員、中山未幸さん(23)は「きれいな衣装でした。行列に参加した子供もかわいらしかった。当時のことを思い浮かべました」と話していた。

 9日午後1時半からは、聖武天皇と光明皇后を中心とした1300人の行列が予定されている。【上野宏人】

【関連ニュース】
【写真特集】平城遷都1300年祭:ラッピング観光列車「旅万葉」快走中
【写真特集】全国の46体集合 「せんとくん」「なーむくん」も共演 ゆるキャラまつり
【写真特集】奈良・平城宮跡:大極殿復元、初公開された荘厳な内部をみる
【写真特集】平城遷都1300年祭:メーン会場オープン

<普天間移設>首相、辺野古・徳之島案を明言 名護市長拒否(毎日新聞)
看護師の3人に1人、切迫流産=慢性疲労7割超、薬使用も増加−医労連実態調査(時事通信)
<雑記帳>チャグチャグ馬コ、村の観光も背負う 岩手・滝沢(毎日新聞)
【お財布術】「特典付きホテル」編 おまけでお得の宿泊プラン(産経新聞)
雑記帳 サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
[PR]
by k3rprf1xaa | 2010-05-10 23:05