しょうじをやぶる
by k3rprf1xaa
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ディオバンが高齢者で降圧目標..
at 2010-06-15 10:11
野良猫餌付け 癒やしか迷惑か..
at 2010-06-02 08:02
47歳男と娘に逮捕状 千葉・..
at 2010-05-27 12:43
安易な「選択と集中」はやめよ..
at 2010-05-18 15:56
平城宮跡 1300人の天平行..
at 2010-05-10 23:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


被告が判決で舌打ち・ため息、裁判員「残念」(読売新聞)

 知人男性を車に監禁して現金を奪ったなどとして、強盗致傷罪などに問われた千葉県松戸市、飲食店従業員笠間太士被告(27)の裁判員裁判の判決が29日、東京地裁があった。

 半田靖史裁判長は「キリで肺に達する刺し傷を負わせ、生命に危険が生ずる可能性があった」と述べ、懲役4年(求刑・懲役7年)を言い渡した。笠間被告は判決が読み上げられている間、舌打ちやため息を繰り返し、裁判員をした人たちは「被告の態度は納得できない」などという感想を漏らした。

 証言台の前に立った笠間被告は「懲役4年に処する」と主文を言い渡された瞬間、「えっ」と絶句し、席に戻り、判決理由を聞いている間も首をかしげたり、「マジかよ」とつぶやいたりした。裁判長は最後に「我々は更生を望んでいます」と説諭したが、裁判員らの退廷後、「誰が聞いてもおかしくないですか」と声を荒らげた。

 裁判員をした人たちは判決後に記者会見し、60代の男性は「非常に残念な気持ちになった」と述べ、50代の男性会社員は「刑が予想より重くてびっくりしたのかもしれないが、被告の態度は納得できない」と語った。

接触事故の潜水艦「おやしお」艦長ら3人不起訴(読売新聞)
燃料電池の研究拠点視察=鳩山首相(時事通信)
「国と地方の協議機関」で政府が骨子案提示(産経新聞)
最終弁論で“紙芝居”裁判員は「レベル高くない」(読売新聞)
【健康】治らない「胃痛」 薬は症状に合わせて服用を(産経新聞)
[PR]
by k3rprf1xaa | 2010-02-05 07:05
<< 17歳里見、連勝で女流名人に王... <保険金横領容疑>元郵便局長を... >>