しょうじをやぶる
by k3rprf1xaa
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ディオバンが高齢者で降圧目標..
at 2010-06-15 10:11
野良猫餌付け 癒やしか迷惑か..
at 2010-06-02 08:02
47歳男と娘に逮捕状 千葉・..
at 2010-05-27 12:43
安易な「選択と集中」はやめよ..
at 2010-05-18 15:56
平城宮跡 1300人の天平行..
at 2010-05-10 23:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ディオバンが高齢者で降圧目標を安全に達成―ノバルティス(医療介護CBニュース)

 ノバルティスファーマは6月8日、日本人高齢者を対象とした同社の高血圧症治療薬ディオバンを使った大規模臨床試験VALISH Studyの結果が同日、米国心臓病協会のHypertension誌のオンライン版に掲載されたと発表した。同社は、「ディオバンを基本薬とした治療で収縮期血圧140mmHg未満を安全に達成し、高齢者に対しても降圧効果と高い忍容性が証明された」としている。

 全国の461施設が参加した同試験は、収縮期高血圧症の高齢者(70-84歳、平均76.1歳)3260人を対象に実施。「厳格降圧群」と「緩徐降圧群」に無作為に割り付け、それぞれ「140mmHg未満」と「140mmHg 以上150mmHg 未満」を降圧目標値として、ディオバンで治療した場合の心血管イベントの発症率を比較した。

 それによると、両群共に血圧が良好にコントロールされ、厳格降圧群の収縮期血圧は平均で33mmHg低下した。心血管イベントの発症率は、両群共に約3%と低く、副作用で投与中止になった患者についても、厳格降圧群で1.9%、緩徐降圧群で1.2%と有意差はなかったという。

 70歳以上の高齢者の降圧目標値をめぐっては、日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインが、150mmHgを中間目標値とした上で最終目標値を140mmHg未満と提唱しているが、これまでそれを裏付けるエビデンスが十分でなかったという。  

 ディオバンは、血圧の上昇に関与するアンジオテンシン2のタイプ1受容体(AT1)を選択的にブロックする薬剤(ARB)で、高血圧症の第1選択薬として世界約100か国で承認されている。日本では2000年に販売を開始し、昨年の売上高は1400億円(薬価ベース)だった。


【関連記事】
ARBとCa拮抗薬の配合剤選びは「薬価の差がファクター」
高血圧症治療薬市場、18年に1兆円超え
自社品配合の高血圧症治療薬レザルタスを新発売―第一三共
昨年度の医療用薬市場は6.3%増の8兆8968億円
先端巨大症患者の7割超「病気を知らなかった」

家族旅行回数、仏韓の約半分=観光白書(時事通信)
「煙たいが力ある」=仙谷官房長官起用で首相(時事通信)
臨時国会で「成立確信」=郵政法案めぐり自見担当相(時事通信)
首相動静(6月12日)(時事通信)
男性が刺され重傷 スーパーで買い物中トラブル? 大阪・西成(産経新聞)
[PR]
by k3rprf1xaa | 2010-06-15 10:11
野良猫餌付け 癒やしか迷惑か…... >>